紅茶の淹れ方

【必見!】おいしい紅茶の淹れ方~アイスティー編①~

みなさんこんにちは!

take(てーく)です

冬場の室内があつい! 夏の屋外があつい!

気温はいいけど、今日はごくごくすっきりした紅茶を飲みたい気分♪

こんな時におススメするのが アイスティー

なので今回はアイスティーを入れていきましょう!

f:id:take98sh:20200204204206j:plain

と、その前にアイスティーの基礎知識です!

?アイスティーが白く濁ったりするのはなぜ?

アイスティーが白く濁る現象をクリームダウンといいます

これは、紅茶を冷やすと

紅茶に含まれるタンニンやカフェインが結合することで起きます

毒はないです

ですが、風味が失われてしまいせっかくの清涼感が残念なことに…

クリームダウンを防ぐ方法!

・タンニンのすくない茶葉を使う

・冷やす前に、グラニュー糖や砂糖をいれる

・冷やすときは、急激に冷やす

・蒸らし時間を短くする

・常温で冷ます(常温になれば冷蔵庫OK・飲むとき氷で一気に冷やす)

クリームダウンがおこってしまった場合

・少量お湯をいれて混ぜる

以上、アイスティーを淹れる際に知っておいてほしい豆知識でした!

~淹れ方編~

アイスティーの淹れ方は複数ありますが

今回は、シンプルでオーソドックスな淹れ方〈オン ザ ロック〉

そして、保存がしやすい 〈ダブルクーリング〉

という方法で淹れていきましょう!

まずは、

1.〈オンザロック〉の淹れ方

1杯分淹れる場合

  1. 汲みたての水で、お湯を沸かす(ストレートティーの半分のお湯)
  2. ポットに茶葉(ティーバッグ)を淹れる (茶葉の量は普段の1杯分)
  3. 95~98cc程度の沸騰したお湯を勢いよく注ぐ
  4. 茶葉を蒸らす(いつもより少し短めに)
  5. 茶葉は濾して、別のポットへ・ティーバッグの場合は普通に出す
  6. カップ・別のポットに氷をたっぷりいれて、5の紅茶を熱いまま注ぐ  以上

それでは解説しながら見ていきましょう!

1.汲みたての水で、お湯を沸かす(ストレートティーの半分のお湯)

今回は、アイスティーということで

氷をいれますので、普段と同じようにストレートティーを淹れると

薄くなってしまいます

なので、お湯の量は半分にして濃いホットティーをいれます

2.ポットに茶葉(ティーバッグ)を淹れる (茶葉の量は普段の1杯分)

上と同じ理由です!

半分のお湯に、半分の茶葉だといつものホットティーと濃さが変わりません

3.95~98cc程度の沸騰したお湯を勢いよく注ぐ

いつものホットティーを淹れるときと同じです!

4.茶葉を蒸らす(いつもより少し短めに)

上記のクリームダウンを防ぐため、

そして濃い紅茶に渋みが出すぎないようにするためです

5.茶葉は濾して、別のポットへ・ティーバッグの場合は普通に出す

濾さないと、飲むとき邪魔ですし

ティーバッグも邪魔ですよね

6.カップ・別のポットに氷をたっぷりいれて、5の紅茶を熱いまま注ぐ

これも上記のクリームダウンを防ぐためなので

勢いよくやっちゃってください!

そして、全体が冷えるようにしっかりまぜましょう!

と、このような形で

氷でただひたすら冷ます 〈オンザロック〉のアイスティーの淹れ方の説明終わりです

2.〈ダブルクーリングの淹れ方〉

こちらは〈オンザロック〉にひと手間加えるやり方です

常温保存するための淹れ方だと思ってください!

流れ

  1. 汲みたての水で、お湯を沸かす(ストレートティーの半分のお湯)
  2. 95~98cc程度の沸騰したお湯を勢いよく注ぐ
  3. 茶葉を蒸らす(いつもより少し短めに)
  4. 茶葉は濾して、別のポットへ・ティーバッグの場合は普通に出す
  5. カップ・別のポットに氷をたっぷりいれて、5の紅茶を熱いまま注ぐ
  6. 別のポットに氷が入らないように移す        以上

このように、基本は〈オンザロック〉と同じです

しかし、最後に氷を入れたままにするのではなく

さらに別のポットに移しましょう!

氷で冷やして、さらに常温で紅茶の熱をとる!

二回冷やすことになるので、〈ダブルクーリング〉と言われます

以上、今回はアイスティーを入れてきました

次回はティーバックで作りやすい淹れ方も紹介します!

参考になればうれしいです

ぜひ皆さん良き紅茶LIFEをおくってください!

また、次回お会いしましょう!

ABOUT ME
take(てーく)
take(てーく)
2020年1/30 はてなブログへの投稿開始 関西出身の大学4回生♂ 趣味は紅茶です 紅茶党を増やすため、皆さんにおいしい紅茶を知ってもらうため頑張ります また、気楽に生きていくためのライフハックについても発信していきますのでよろしくお願いいたします