紅茶

紅茶をサイフォンでいれてみよう!

コーヒーをいれる道具として使われている『サイフォン』

最近では、紅茶をサイフォンでいれるカフェもあるそうです

そこで今回は、実際にサイフォンで紅茶をいれてみました

ちなみに今回は2人用サイフォンを使いました

サイフォンってなに?

siphon

19世紀にヨーロッパで作られた『サイフォン』

上記画像のように大きく分けて3つの器具でできています

  • ロート
  • フラスコ(フラスコを支えるスタンド)
  • 加熱器具

【サイフォンコーヒーの仕組み】

フラスコにいれた水を火にかけることで

温められたお湯が気圧の膨張によってロートにのぼります

その熱いお湯が、コーヒー豆を浸して抽出する仕組みになっています

※抽出する方法から 浸漬法 と呼ばれることも

サイフォンは紅茶に最適!?

紅茶の画像

そもそもサイフォンは紅茶をいれるのに適しているのでしょうか?

【サイフォンの仕組みはポットの紅茶と同じ】

紅茶は、先ほど紹介したサイフォンの仕組み同様

浸漬法(茶葉をお湯に浸す)で抽出します

【サイフォンの温度は紅茶に最適】

紅茶の成分が最もよく出るのは95℃前後(沸騰直後のお湯)

サイフォンは加熱しながら抽出するため「ロート(茶葉をいれる部分)」のお湯は90℃弱をキープしています

ポットの場合お湯が冷めていきますが、サイフォンはそれを回避できます

サイフォン紅茶の魅力/難点

魅力

  • 高い温度で紅茶をいれることができる(成分をしっかり引き出せる)
  • オシャレ ポットよりも映える

難点

  • 抽出や温度管理が面倒(慣れが必要)
  • 準備/片付けがポットより面倒

以上がサイフォン紅茶の魅力/難点です

一長一短ありますので、好みに合わせて試してみてはいかがでしょうか?

サイフォンで紅茶をいれる方法

siphon

それでは、実際に紅茶をいれていきます

まずは準備です

【道具/準備】

  • サイフォン
  • ヘラ(攪拌用)
  • 新しい(紅茶用)ネルフィルター
  • 茶葉(1杯2,3g)

※注意

普段コーヒーで使っているネルフィルターは使わないでください!

コーヒーの香り/成分がしみ込んでいる為、紅茶の風味に影響があります

siphon-filter

【サイフォン紅茶のいれかた】

  1. フラスコに水(お湯推奨)をいれる
    沸騰を早めるためにお湯がおススメ
  2. 火をつけて、泡が出てきたらロートを指す
    泡は沸騰してきた合図です
  3. 水が上がってきたら、ヘラで撹拌
    軽く混ぜます
  4. 蓋をして蒸らす(2~3分)
    熱くなりすぎたと感じた際は、火を弱める/少しずらす
    指し水をするなどで対処すればOK!
    ※外すときは気を付けて! 本気で熱いです
  5. 火を消して、フラスコに紅茶が落ちるのを待つ

熱すぎると、渋みが出たり風味が飛びやすくなるので注意!

つねに、熱いお湯で抽出するため

抽出時間は普段のポットの時よりも短くしたほうがいいです!

まとめ

サイフォン紅茶のまとめ
  • サイフォンの抽出方法(浸漬法)は紅茶と同じ
  • 紅茶の成分がよく出る温度をキープできる
  • ポットよりもオシャレ
  • 準備/片付けが面倒
  • いれ方は練習が必要!

今回はサイフォンの紅茶について紹介しましたが、いかがでしたか?

普段とは、すこし変わった紅茶を楽しむことができるかもしれません

今回使った道具はこんな感じです 参考になれば幸いです



ABOUT ME
take(てーく)
2020年1/30 はてなブログへの投稿開始 関西出身の大学4回生♂ 趣味は紅茶です 紅茶党を増やすため、皆さんにおいしい紅茶を知ってもらうため頑張ります また、気楽に生きていくためのライフハックについても発信していきますのでよろしくお願いいたします
自分に合った紅茶を発見する!
好みの紅茶を探したい!/紅茶ギフトを発見したい!
ネットで買える本場の紅茶が気になる方はこちら