紅茶

ガラス製ティーポット おススメ Best5 ~選ぶ際のポイントもまとめて紹介!~

glass-teapot

自宅で紅茶を淹れる際に欠かせない「ティーポット」

陶磁器製や金属製に比べて、手入れが簡単なガラス製ティーポットですが

「たくさんあって選べない…」と迷ってしまうことも

そこで今回は、紅茶アドバイザーの資格を持つ「てーく」がティーポットを選ぶ際のポイントやおススメのティーポットを紹介します!

陶器製や金属製/ガラス製など、ティーポットの違いや選ぶポイントを知りたい方はコチラ

ガラス製ティーポットのメリット/デメリット

メリット

  • 比較的安い
  • 中が見える/ジャンピングの確認ができる
  • 大抵、レンジにも使える
  • 漂白剤が使える

デメリット

  • 保温性が低い
  • 経年劣化しやすい
  • 急激な温度変化に弱い
    例)冷蔵庫にいれたポットにお湯を注ぐ
  • 種類が違う紅茶を淹れると味が移る場合がある

ぶっちゃけ、手入れが楽なんです

茶渋がついてきたら、漂白剤につけておけばOK
重曹やクエン酸でも大丈夫ですよ!

ガラス製ティーポットを選ぶ際のポイント

  • 形状
    →丸形が理想
  • サイズ
    1杯 約150~200程度を目安

この2つを抑えておきましょう!

丸形が良い理由は、ジャンピングが起きやすい為ですが
収納などや好みの形を選べばOK!

おススメのティーポットはなに?

私個人の独断で選んだおススメティーポットを5つ紹介です!

「ハリオ」製ポット サイズは300/450/700

中入れタイプの茶漉しが付いており

密閉型の蓋ではないため、ティーバッグで淹れる際にも使いやすい

「キント―」製のポット こちらのサイズは、460㎖ 2.3杯分くらい

茶漉しと蓋が一体型のため、紅茶を淹れるのが楽ちん そして形もカワイイ

「イワキ」製ティーポット サイズは610㎖ 4.5杯分くらい

ジャンピングティーポットの名に恥じない丸形ポット

茶漉しと蓋の一体型だが、細かい茶葉は少し落ちるのが難点

蓋も持ち手があって取りやすい

「ティーフォーツー」製ティーポット サイズは500㎖ 3.4杯分くらい

洗う際に、細いスポンジが必要

また、茶漉しがあると茶葉が淹れづらいといった難点もあるが

これまでのガラス製ポット以上にデザイン性が高く 価格帯も手ごろ

ガラス製茶漉しが中に入っているのも特徴的

「ハリオ」製ティーポット サイズは500㎖ 3.4杯分

最後の一滴まで入れるには、多少根気が必要でした

底があり、安定しているため滑らせて落とすことが少なく

持ち手部分に、ティーバッグの紐をかけることも可能

おススメガラスティーポットのまとめ

ティーポットの中でも手入れが簡単なガラスティーポットを紹介しました

  • 形状
  • サイズ

この2つを意識して、自分好みのティーポットを探してみてください!

参考になりましたら幸いです!

Amazonでガラスティーポットを見てみる
楽天でガラスティーポットを見てみる
ABOUT ME
take(てーく)
2020年1/30 はてなブログへの投稿開始 関西出身の大学4回生♂ 趣味は紅茶です 紅茶党を増やすため、皆さんにおいしい紅茶を知ってもらうため頑張ります また、気楽に生きていくためのライフハックについても発信していきますのでよろしくお願いいたします
自分に合った紅茶を発見する!
好みの紅茶を探したい!/紅茶ギフトを発見したい!
ネットで買える本場の紅茶が気になる方はこちら